アップルを装うフィッシングメールが多いので記事に起こしてみた

phishing

今の時代はIT社会。

昨今の現代社会では巧妙な手口で個人情報を引き出して詐欺を行う輩が多いようです!

メインで使っているメールアドレスにアップルを装うフィッシングメールが多いので、記事に起こしてみました。

フィッシング詐欺って何?

フィッシングとはユーザ名、パスワード、クレジットカード情報を奪う詐欺行為です。
Fishingかと思いますが実はPhishingと書かれ語源は諸説あるようです。

信用された団体に成りすまして個人にメールを送り、ウェブサイトなどに誘導しそこからユーザ名、パスワード、クレジットカード情報を騙しとられてしまうと、本人に成りすまして悪用されてしまいます。

以下は実際に私に届いた偽アップルからのメールを実際に見てみましょう。

アップルに成りすましたメールを紹介

FakeAppleMail

一部個人情報につながるところは消させていただいています。ご了承ください。

こちらは実際に私に届いたAppleになりすましたメールです。

特徴

  1. まずは差出人のAppleという文字がおかしい
  2. メールアドレスがおかしい
  3. 文章がGoogle Translateを使いましたというようなおかしい文章。
  4. 件名も日本語がおかしい

差出人はAppleとなっていますがよく見るとl(エル)がI(アイ)っぽい。

メールアドレスがDootreplyとあります。え?Dontreplyって言いたいの?

件名と本文の日本語が片言の日本語です。さすがに一流企業でこのメールをお客様に送っていたらやばい。

やっちゃいけないこと

  • 添付があるメールを開封

このメールには添付がなにもありませんでしたが、添付があるフィッシングメールなどの場合はメールを開封するのも避けた方がいいです。

  • 添付ファイルをダウンロード

こういうメールの添付ファイルの場合ウイルスなどいらないものしか入ってないのでダウンロードはしないでください。

  • メールに記載のあるリンク(URL:http~)をクリック

どこの何があるところに飛ばされるのかわからないのでメールのリンクはクリックしちゃだめです。

このメールで言うと、ここでログインとかApplestoreとか販売代理店を探すと書いてあるリンクのある箇所のことです。

これをクリックすると本物のサイトと見た目がかなり酷似した偽サイトに飛ばされて、うっかりそこでログインしたりしてしまうとその偽サイトを管理している人に自分の個人情報を教えてしまうことになってしまいます。

 

対策

こういったメールがくる場合どこかの何かの機会で書いた書類によってメールアドレスが悪徳業者渡ってしまったのでしょうか。

私の場合はちょっと確信があるできごとがあるのでそのせいでしょうが、むやみやたらに自分のメインメールアドレスは使わない方がいいようです。

Appleの場合はフィッシングメールが届いたらフィッシングメールを報告できるメールアドレスがあるので、届いたメールをそのままアップルに転送することができます。
まぁいたちごっこなので報告しても新たな別の偽アップルメールアドレスからメールが届くかもしれませんが、根気よくやってるともうメールが来なくなる可能性がなくもないと思います。

報告やアップル公式からの注意喚起についてはこちら

こういったメールが届いても慌てず焦らず、グーグルなどからアクセスした正規アップルのウェブサイトから確認してください。決してメールに転載されているリンクからアクセスしたりしないように…!!

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s